本業はコンサル、出版書籍はAmazon1位!仕事にイクメンにと毎日がんばる イクメン歴約10年天士郎のブログです。「共働きで夫婦共にフルタイムで働いているけど、そんな忙しい中でも、子育て、仕事、キャリアアップ、趣味や私生活、すべてを欲張って充実させたい人」のために役立つ情報や考え方、行動を変えるきっかけを発信しています。 共働きのデキるビジネスパーソンに向けて子育てしながら家庭も仕事も趣味も楽しむ人生を生きるための極意とワザを正攻法から、ちょっと変化球的な方法など幅広くご紹介します。

スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
☆保育園は、
 「保育」=「子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わり」
 をメインの目的にしているので、
 (幼稚園もきちっとしていますが)
 教育をメイン目的にしている幼稚園よりも、
 保育園の方が「預かって無事に返す」という意識が強いよね、
 ということでした。


「保育」が目的の保育園、「教育」が目的の幼稚園では、緊急時対応がどう違ってくるか? : 子育ても、家庭も、仕事も、趣味も。人生を欲張りに楽しもう。


 ちょっと誤解が無いように補足しておくと、
 決して幼稚園が危機管理能力が劣っているというわけじゃないんです。
 なんだろな、責任分界点が違うという感じですかね。

 ただ、東日本大震災以降は
 幼保一体となったこともあり、
 幼稚園・保育園に関わらず緊急時対応マニュアルが整備されているようです。

 



☆ただ、それでも、
 前提条件が、幼稚園と保育園で違う気がします。

 幼稚園は、比較的家からも近いし、
 基本的には専業主婦および誰かが日中に家にいる家庭がほとんどです。
 じゃないと、昼ゴハン食べて帰らせる時に迎えに来る人がいませんからね。
 
 だから、災害時の対応も


    園児たちを守る <<< 早く親が迎えに来てください


 というスタンスです。
 「昼過ぎには迎えに来るんだから、それを早めてくださいね。
 よっぽどの災害で、家から幼稚園までの道が分断されたとかであれば、
 幼稚園は責任を持って預かります。」

 というものだと思います。


☆一方保育園は、
 家からは近いことが多いですが、
 預けてからは親は職場に行っています。
 ベッドタウンの地域であれば、
 電車で小一時間の通勤をするでしょうし、
 近い職場でも、職責があるので災害が起こったからと言っても
 すぐに職場を離れられません。
 特に医療系や公務員系の仕事をしているとなおさらです。

 そんな時には、
 行きたくても子供を迎えに行くことはできません。

 そんな「預けてから」のバックグラウンドを
 暗黙知として理解したうえで、
 保育園としての災害マニュアルを設計していると思います。

 要するに、

   
  ●災害が起こっても、親はすぐに来ない


 ことを前提にしているという意味です。
 だから緊急時でも、親の早期の迎えは期待せずに、


    園児たちを守る >>> 早く親が迎えに来てください


 というスタンスなんだと思います。

 
 
☆ウチは、
 子どもたちは保育園で育ちました。

 良い保育園で、愛情たっぷりの、
 預けてよかったな、と思える保育園でした。

 週に1~2回、私が保育園に預けに行く日があったのですが、
 最初の頃は、自分のコトに精一杯でまわりも全く見えていませんでした。
 何も伝達せずに、「お願いします」と子供を預けていたと思います。

 でも、それでは保育園の先生としては困るんですよね。
 子供が家でどうだったか?
 何かちょっとしたことでも調子が悪くなかったか?
 体調不良までなくても、ぐずったりの前兆はなかったか?
 昨日は良く寝たのか?朝ごはんはちゃんと食べたのか?

 等々。

 子供のほんの少しの変化に気づくための
 INPUT情報は大いにこしたことはないんです。
 それに対して、親が協力しないでどうする、という感じですね。
 保育園に預けだして、何年も経ってから、
 親である自覚ができだしてからは、
 預ける時に、家でどうだったかの一言を添えられるようになりました。
 (ウチの下の子の場合はいつもホントに元気だったので
             殆どが「変わり無しです!」でしたが)


 children-2105468_960_720
 

 そんな一言を言えるようになってからは、
 保育園の先生方ともグッと距離は縮まりましたし、
 親と先生方、二人三脚で子育てをしている
 なにか「連帯感」みたいなものも出てきていたんじゃないかと思います。
 
 

☆ワーママ・イクメンは、
 保育園ナシではやっていけません。
 だからこそ、親として保育園に協力できるところは、
 なんでもやるべきと思うんです。

 持ちつ持たれつの関係を維持するためにも。


 最近、保育園に預けだして、
 「まわり見る余裕なんか無いよ!」という親御さんもいらっしゃると思いますが、
 保育園がどんなことを考え保育をしていて、
 どんな情報を欲しがっているか?
 どんな親の協力を求めているか?
 ということを、ちょっとだけ考えてみてください。

 朝、預ける時に「一言」で良いので、
 家でどうだったか?ということを伝えられるようになると、
 保育園も、先生も安心しますし、
 災害とまで言わずも、ちょっとしたトラブルのときにも、
 保育園は責任を持って面倒を見てくれますよ。
 

 

イクメン・育児・共働きのブログ情報はこちら↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

育児・共働き ブログランキングへ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
月別アーカイブ
こちらからポチッっと応援お願いします!